地下鉄の車内を埋め尽くすタグやグラフィティが埋め尽くし、アメリカ有数の犯罪多発都市として不穏なムードと緊張感が立ち込めていた80年代のニューヨーク。FIRST DOWNはかつてのこの地で誕生し成長を遂げたブランドです。決して良好とは言えない環境下でも多くの人々が強いエネルギーを持ち、音楽やストリートカルチャーの隆盛を支え、アートシーンにも大きなムーブメントがたくさん生まれた時代。彼らが東海岸の極寒の冬を凌ぐのに、羽毛がぎっしりと詰まったFIRST DOWNのアウターは最適なギアだったのです。

ESTABLISHED 1983
FIRST DOWN

FIRST DOWNが生まれたのは、かつてルドルフ・ジュリアーニがニューヨーク市長に就任し、急激に街が変わっていった時代よりもさらに前、1983年のこと。韓国系移民だった創業者 、YOUNG IN CHUNGは、ポケットの中の$100だけを握りしめて、ひとりニューヨークを目指しました。アメリカにたどり着いた彼は、ニューヨークの街で構想を具体化し、ニュージャージーでFIRST DOWNの名を冠したブランドを設立しました。そして、ダウンジャケットでナンバーワンの存在になるという大きな志と、アメリカンフットボールのファーストダウンとを掛けたその名とともに、記念すべき第一歩を踏み出したのです。アメリカンドリームの実現を悲願とした彼は、“Dream It. Be It.”というキャッチフレーズを掲げて、精力的にものづくりに励みました。

その後、90年代に入ったころには、そのダウンジャケットの品質の高さとデザインのフレッシュさが当時を象徴する様々な分野のキーパーソンたちにも知られるところとなったのは、ノトーリアス B.I.G.やマイケル・ジャクソンといったアイコンたちの胸に、特徴的な山型のロゴが散見したことからもうかがえます。中でもファーストダウン誕生当時から展開している「バブルジャケット」と名付けられたもっともオーセンティックなダウンジャケットは、ブランドを象徴するアイテムとして今日まで多くの人々に支持されてきました。スパニッシュハーレムのヒップホップアーティスト、ボデガ・バムズが“93 with the First Down bubble” 『NAVY』とラップしているように、当時から今まで変わらず、ファーストダウンのヒストリーはニューヨークの街とともに在るのです。

「私がニューヨークを選んだのは、当時のニューヨークはすでにビジネスとファッションの中心地で、“ここで成功できれば、世界のどこででも成功する”と言われていたからでした。

かつてFIRST DOWNの撮影をタイムズスクエアで行っていたとき、私の目の前をファーストダウンを身にまとった人々が次々と行き交っていました。それはとても特別な時間であり、我々のブランドがこの街の人々に支持されているのだと感じた瞬間でもありました。ニューヨークはFIRST DOWNの誕生した街であり、私たちにとって特別な街なのです」

YOUNG IN CHUNG

Back in the 80’s of New York City, tags and graffiti-filled the subway cars and there turmoil and tension in the air, as the city being one of America’s highest crime rate cities. FIRST DOWN was born in this town and has grown since then. Although it wasn’t the most ideal atmosphere for them, many people possessing powerful energy had shaped the flourishing of music and street culture, creating a big movement in the art scene. For these people to protect themselves from the harsh cold of the East Coast, FIRST DOWN’s thickly insulated gear was the optimal choice.

FIRST DOWN was born 1983 which was before Rudy Giuliani was first elected mayor and the city had drastically changed. As a Korean immigrant, Young In Chung set off to the United States with merely 100 dollars in his pocket. He launched his brand in New Jersey and bore the name FIRST DOWN, taken from football terminology with the mission to become No.1 in the down jacket industry. With his motivation to manifest the American Dream, the tagline “Dream It. Be It” came to life as he actively pursued craftsmanship.

Then when the 90’s came around, their quality down jackets and fresh new designs became known to leaders of many fields, which was symbolized by their mountain-shaped logo worn by The Notorious B.I.G. and Michael Jackson.

Among these items, the iconic and most authentic down jacket, the “Bubble Jacket” has been chosen by many including Spanish Harlem rapper Bodega Bamz, where he sings “93 with the First Down bubble” in his album, NAVY. FIRST DOWN’s history was created alongside the history of New York City.

”We chose New York to launch FIRST DOWN because New York is the epicenter of everything business and fashion. It’s like they say, if you can make it here, you can make it anywhere.
Back then, I was walking through Times Square on my way to a photoshoot of FIRST DOWN and I remember seeing one person wearing one of our jackets walking by. Then another,after another. It was at that special moment I knew our brand was supported by the people of the city.
We will always consider NYC to be the birthplace of FIRST DOWN,the city which holds a special place in our hearts.”

YOUNG IN CHUNG

Sizing Guide

Merino size chart

This size chart is intended for reference only. Sizes can vary between brands.

Label size India UK Bust
(in inches)
Waist
(in inches)
XS XS 4-6 32 26
S S 8-10 34 28
M M 12-14 36 30
L L 16-18 39 33
XL XL 20 42 36
XXL XXL 22 44 38